改造車を売る場合は元に戻す必要がある

自動車はエアロパーツを取り付けたり、ホイールを交換するなど、自分好みのカスタムをして乗り回せるので、とことんまでこだわった時には車検も通らないような改造車になってしまうこともあります。見た目が大幅に変わらない程度のカスタムであれば問題ありませんが、マニア受けするような改造車は一般の買取業者に持ち込んでも査定額がマイナスに傾くことがあるので注意しましょう。

サイト内コンテンツ:改造車を高価買取してもらうには専門店を探すのが手っ取り早い

kaitoriten

例えばエアロパーツが最低地上高を規定より下回っていたり、タイヤがフェンダーの部分からはみ出している、ハンドルを切った際にタイヤがボディに触れてしまうなどあれば、通常なら車検に通ることもできません。そうした改造車を売りに出しても、まっとうな買取業者は車検を通さなくてはいけないので(改造車と闇車検について)、パーツを戻す手間の分だけ評価を下げるようにしています。

元々ドレスアップカーを専門に扱うようなマニアックな業者であれば評価は高くなるのですが、それでも車検に通る自動車だけの話です。実際にそういうマニアックな業者は数が少なく探すのも困難になることも多いため、売りに出す際にはなるべく標準パーツに近いもので、前回の車検時の状態に戻す必要があります。

normal

元に戻すことでパーツの交換をするという手間分が査定から消え、高い評価を受けることができます。ちなみに、改造車をオークションなどで売買することもできますが、車検が通らないような違法性の高い自動車は見向きもされないどころか、出品すらできない可能性があります。こうなると買い手と直接交渉しかなくなるので、足元を見られて相場よりも低い値段で買い叩かれるようになります。

少しでも高く売るのであれば、純正品に近いパーツに変えて車両を売ると同時に、もともと取り付けてあったパーツを個別に売ればお金にすることができます。パーツだけならオークションでも販売できるので、時間はかかりますが、少しでもお金に換えたい場合にはこうする以外に方法はないでしょう。