LSはドレスアップカーでおしゃれに

レクサスから販売されている大型セダンのLSは同ブランドのフラッグシップモデルとして日本車の中でも最高級車として多くの富裕層から人気を集めている車の一つです。日本車らしからぬ非常に大柄でありながらもしまった雰囲気のボディは外国車と比べても全く引けを取らないことに加えて、フロントグリルのまわりの高級感はどのようなシーンにも合わせやすいことから法人需要も多く、ハイヤーや役員専用車として持ちいられる機会も多くあります。

加えて、LSはレクサスらしいダイナミックなデザインが採用されているため、ショファードリブンの車としてのニーズだけでなくオーナー自らが運転をしても楽しむことが出来る車の一つともいうことができます。また、LSは内装についても多くのアピールポイントを持っています。まず挙げられることが、高級セダンの中でも非常に広い空間を確保できている点です。

ls_naisou

後部座席の足元も広く、ゆったりと座ることが出来ますので長距離の移動の際にも疲れにくいことがこの車の良さといえるでしょう。加えて、シートの形が大柄ながらも比較的小柄な方が座った場合でもフィット感が高いことからどのような方が座る宇場合でも快適に座ることができる点もこの車の大きなアピールポイントとなっています。

このような多くの魅力を持つLSですので、法人需要以外にも個人オーナーも多く、それぞれが自分のLSをより個性的に仕上げたり自分らしさを表現するようなドレスアップカーに仕上げることで満足感を高めています。実際、LSはドレスアップカーに仕上げることでノーマルのときとはまた異なった魅力を発掘することができます。

例えばマフラーを交換することでもともと動力性能の非常に高いLSのパフォーマンスの向上につなげることができる点にも注意が必要です。また、エアロパーツも非常に多くのメーカーから販売されていますので自分の個性を表現できるようなものを探すのも容易です。